HIV検査を行うため、検査キットをネットで購入する男性

HIVかどうか不安なら一度HIV検査をしてみるといいです。検査キットはネットでも購入することができますので、自宅で誰にも知られずに調べることができます。こちらでは不安を感じている方のためにHIV検査の情報をお伝えしていきます。

ヨーグルトの様な白いおりものを見つけたらHIV検査

 HIV感染の初期に多く見られる症状としては口腔カンジダ症が挙げられます。カンジダは、健康な人の相当数が持っている常在菌ですが、HIVに感染して免疫力が低下すると、口腔粘膜のカンジダが増え、口の中や喉の粘膜、舌、唇に白いこけのようなものが現れます。膣カンジダ症は性行為で感染するため、性感染症のひとつとなっています。ヨーグルトのような白いおりものが大量に出るのが症状の一つです。ただ、感染は性行為より、免疫力低下による自己感染のほうがむしろ多いです。
 カンジダ症は一般的に、免疫力の低下によって発症します。風邪や過労、睡眠不足で体調不良になったり、精神的なストレスがあったり、膠原病や花粉症、喘息などでステロイドホルモン剤を使ったりした場合は発症しやすくなります。ステロイドは免疫機能を抑制する薬であるためで、また、ステロイド以外でも、抗生物質を使うと、カンジダと競合する常在菌が死滅するため、それによってカンジダ菌が増えて発症する場合もあります。免疫力が低下すれば発症するものですから、カンジダ症の症状があったからといって、HIVに感染してない可能性もおおいにあります。しかし、HIVウィルスへの感染機会があって、カンジダ症の症状が現れた場合は、HIV検査を受けるべきです。本来は、何の症状もなくても、感染機会があったと認識した段階でHIV検査を受けるべきなのですが、HIV感染の初期症状であるカンジダ症の症状が出ているわけですからなおさらです。
 HIVウィルスに感染してから、エイズを発症するまでの時間は短くなってきています。感染を早期発見して、薬をすぐ飲み始めれば、エイズの発症を防ぎ、普通に長生きすることができます。早めにHIV検査を受けることは非常に大事です。